雨漏りをそのままにしておくと、被害がどんどん拡大します。

雨漏りが引き起こす漏電の危険性

漏電は雨漏りが原因で起る最も恐ろしい被害です。雨漏りをすると、建物の外部から内側にかけて雨水が浸透してきます。雨水が天井裏などから、ブレーカーに流れた際、電化製品が濡れて漏電を引き起こす場合があります。漏電が起きると、家中が危険な場所に変わってしまいます。人が感電してしまったり、火災に繋がったりするケースもあります。

漏電を防ぐには雨漏りのサインに一早く気付くこと!

漏電による危険な被害を防ぐためには、雨漏りに早く気付いて、雨漏り修理業者に早めに対処してもらうことが重要となります。雨漏りしているがどうか見極めるポイントを下記に並べます。

  • 天井や壁紙にシミが出来ている。または壁紙が捲れている。
  • 雨が降ると、室内からポタポタと水が落ちる音が聞こえる。
  • 天気が良い日でも、室内の湿気が多くジメジメしている。

漏電に気付いたらすぐに専門家に雨漏り修理を依頼しよう

漏電していることに気がついたら、まずは電気工事店などに連絡をして点検してもらいましょう。漏電箇所の修理には、専門的な知識が必要になります。素人が修理を行なうのはとても危険です。家の電化製品が漏電していた場合、ブレーカーが落ちているはずなので、漏電に簡単に気がつくことができます。しかし分電盤自体が故障している場合は、基本的に素人には手に追えません。なるべく早く専門業者へ連絡するようにしましょう。

漏電しているかも・・・そんな時は調査を依頼しよう

雨水の侵入経路を素人が探すのはまさに至難の業です。雨漏りが発生しているけどどこから雨水が侵入しているか分からないという人は、専門業者に調査を依頼するとよいでしょう。

電気保安協会に依頼したら無料で漏電調査をしてもらえると聞きました。そもそも電気保安協会とはどんな会社なんですか?
みなさんが電気を安心して使えるように、電気設備が正常に機能しているかの安全調査を行なっています。電気の安全調査では、漏電調査、建物外にある電線、建物内の分電盤の調整や点検しています。また必要があれば、電気のことについての問診や相談も行なっております。
電気工事会社に漏電調査を依頼したら費用はいくらぐらいかかりますか?どんな業者を選ぶといいとかありますか?
電気工事会社に漏電調査を依頼した場合、調査費用として大体10,000~30,000円程かかります。業者を選ぶ場合、連絡してすぐに来てくれる近くの電気工事会社や、電気工事士など電気を扱える資格や知識を持ったスタッフが籍を置いているところを意識して業者を選ぶようにしましょう。
電力会社には依頼できないのでしょうか?
電力会社が管理している電気は、自宅の引き込みまでです。そのため、自宅の中の電気は、個人の責任になるため、電力会社は管轄外の為、対応してもらえません。ですから、漏電の場合は電気工事会社に依頼しなくてはいけません。

漏電の補修費用を抑えるなら早めに修繕しよう

漏電が起きている家は、電化製品の故障だけではなく、人への感電や火災を起す場合もあり、とても危険です。ですから、早めに正しい対応をとって、しっかりと補修する必要があります。補修内容によって費用が異なりますが、最も安くて3,000円程度、最も高くて30,000円程度かかります。また、雨漏りが原因で漏電が起きている場合、雨漏り自体を修理しなければ、また漏電してしまうことになります。広範囲の雨漏りを修理するためには、工事費用が100万円を超えることもあるので、雨漏りを見つけた場合、早めに修理することが大切なので覚えておきましょう。

TOPボタン